かつて中国留学したOLのブログです。在宅勤務に移行できるように行動中。

あららぎ亭

ナビゲーション

中国留学

【無料】で中国留学をする 中国政府奨学金について

更新日:

中国

こんにちは、あららぎ亭です。

私が中国は上海に留学したのは2015-2016年の約1年間でした。しかもお金をかけずに、学費・寮費がタダ、さらに月々の生活費までもらって留学しました。それを実現したのが中国政府奨学金です(返還不要)。私は学生時代お金がなく、また両親にも負担をかけられなかったので、この奨学金があって本当によかったなと思います。

中国政府奨学金とは?

中国政府が提供する奨学金で返還不要です。各奨学金の種類については中国大使館のホームページを参考にしてください。

色々な種類がありますが、私は日中友好協会を経由して奨学金の申請をしました。

日中友好協会は1974年から毎年20名公費留学生を募集しています。詳細は日中友好協会のホームページを参照してください。

2020年から応募にあたり新HSK3級以上の取得が必須となったようですが、私が応募した2015年当時は中国語レベルを求められることはありませんでした。

参考までに応募当時の私の状況はこんな感じです。

  • 中国語学部・学科以外の大学4年生
  • 新HSK5級・中検2級取得済み、中国人と少しコミュニケーションとれるレベル

社会人も応募できるのか?

各奨学金の種類にもよって年齢制限はありますが、高校を卒業していれば社会人でも応募可能です。私が行った学校にも同じ奨学金生で28歳の人がいました。その人も大学は中国語関連ではなかったのですが、自分で勉強を続けていたそうです。私費で中国留学すると1年間で200万円くらいはかかってしまい、社会人にとっても大きな負担なので奨学金を利用した方がいいと思います。

私が応募した当時は大学4年生、実際留学が始まったのは卒業後でした。私みたいなこういう中途半端な人はまれかと思いますが、学生だったら休学してから留学したほうが就職には有利かなと思います。

倍率は?

奨学金と聞くと、難易度がとても高いのではないかと不安になる方も多いはずです。各奨学金の種類にもよると思いますが、ここでは私が応募した日中友好協会について書きます。

日中友好協会のホームページから引用しましたが、定員20名で直近応募したのは下記の人数です。

2017年度は47名、2018年度は43名、2019年度は33名、2020年は39名

なので、政情などにもよるのでしょうが約1.6~2.3倍です。中国留学への思いを協会側に伝えることができたらそこまで難しくはないと思います。

申請方法は?

主に奨学金生を募集しているのは日本学生支援機構と日中友好協会です。

日本学生支援機構(JASSO)は毎年110名、日中友好協会は20名募集しています。

それぞれHPから募集要項を確認し、1次選考が書類選考なのでそのための準備をします。募集要項は毎年12月~1月くらいに更新されるので、注意深く見ていく必要があります。

学歴証明や小論文、学習計画といった資料集めや作成が必要になってくるので、申請は早めに取り組みましょう。大学院以上になると教授の推薦状も必要です。

書類準備はけっこう大変ですが、無料で中国留学するためと思えばなんてことありません。また、小論文や学習計画は選考に左右される要素だと思うので留学したい思いを書いていきましょう。

ご質問などはコチラ

あららぎ亭 - にほんブログ村

-中国留学

Copyright© あららぎ亭 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.