かつて中国留学したOLのブログです。在宅勤務に移行できるように行動中。

あららぎ亭

ナビゲーション

中国留学 仕事

中国留学後の就職

投稿日:

就職

上海の語学留学を終えた後、私は広州の大学に合格しましたが、事情があり日本に帰国することになりました。

中国留学後の就職について

中国留学してもその後どういう道を歩んでいけばいいのか悩みますよね。

私は帰国してから就職活動がはじまりましたが、最初は全く中国と関係のない会社、その次は中国人社長が経営する物流会社で毎日中国語を使っていました。今は貿易会社でほんの少し中国人同僚と会話やチャットをしています。副業で中日翻訳もやっています。

中国留学したから中国語を使える仕事に就いた方がいいのか?

そうとも限りません。留学で得るものは語学だけではなく、人脈や広い視野、柔軟なものの見方ができるようになるなど、スキル以外にも得るものがあるので、就職に役立つかもしれません。

私は中国語を使って仕事をしたいと考えていましたが、新卒を捨てて就活したのでちょっと厳しい部分があったのと早く就職したかったというのもあって最初は中国と全く関係のない会社に入りました。日本はまだまだ新卒カードが強いですが、これは世界基準ではないので多種多様な就職の仕方ができるように変わっていくことを願います。結果はとてつもなくつまらなかったので長く勤めることなく辞めました。

中国語を使いたいならすこしでも使えるチャンスのある会社に入ることをおすすめします。仕事しながらレベルアップできるので一石二鳥です。中国人経営者の下で働くのもよし、中国人の同僚がいる会社でもいいと思います。私は中国人経営者の下で8割が中国人社員という環境の中で働いていました。辛いことの方が多かったですが、この経験ができてよかったと思います。

中国留学を終えたあとの中国語レベル

私は留学前に新HSK5級を取得していました。その後2015年の9月から上海に行き、12月に新HSK6級に一発合格しました(最高級ですが実際は中検準1級より簡単です)。帰国時点でビジネスレベルかと問われるとそうではなかっと思います。留学前にも少し中国語を話せるレベルの私が1年間勉強してもこの程度なので、全くの無から勉強を始めて1年間でビジネスレベルにいくには相当の努力が必要だと思います。

ですが、もし新HSK6級を持っていて中国語を使う仕事に就きたいのであれば挑戦しても良いと思います。もし若くなければ中国語+αのスキルが必要ですが…

その後、仕事をしながらたまに試験勉強をして2018年の7月に中国語検定準1級に2度目で合格しました。

私の中国語レベルが飛躍的に伸びたのはやはり中国人経営者の下で働いたあの期間でした。強いられる環境というのは苦しいですが確実に伸びます。

 

翻訳業について

中国語から日本語に翻訳する中日翻訳の仕事を友人からもらって細々とやっています。

基本的には中国語1文字3円~で受けています。案件や文字数にもよりますが即日納品可能です。今は商品説明や契約書の翻訳が主ですが、ほかの案件もやりたいなと思っているので、お仕事あれば是非ご連絡いただければと思います。

翻訳のお仕事をいただけたのも、前の会社で鍛えられたところが大きかったと思います。仕事だと嫌でもやらなくてはいけないし、正確さも求められます。間違えると恥をかきますから頭にすぐ叩き込まれるんですよね(笑)

翻訳案件ご依頼はTwitterのDMからどうぞ

-中国留学, 仕事

Copyright© あららぎ亭 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.