かつて中国留学したOLのブログです。在宅勤務に移行できるように行動中。

あららぎ亭

ナビゲーション

中国情報 中国旅行 中国留学

*要注意事項* 中国の食事で気を付けること 

投稿日:

中華

中華料理っておいしいですよね。私は中国から帰国後、日本人向けの中華料理がまずいと思うようになりました。本場の中華料理は本当においしいです。だからといって、やたらめったら食べてはいけないので、ここは注意したほうがいいということを体験談を踏まえて書いていきます。

お腹が鍛えられていないから体調不良になる

中国に限らず、外国で食事をすると体調不良になるという話はよく聞きます。結果から言うとお腹や身体がその国の食事に慣れていないからなんです。よく水が合わないといいますが、これは本当のことなんですよね。中国語では水土不服といいます。

その土地にいる時間がながくなりお腹が段々鍛えられて体調不良にならない人もいれば、永遠に慣れなくて大変な目に遭う人もいます。私の場合は上海は大丈夫ですが、中国のもっと南、深セン辺りの食事が合わないのでいる間はほぼ毎日お腹を壊します。3ヶ月深センにいたときは毎日下痢で4キロ痩せました。

後々わかったことですが、お医者さんによると水ではなく油が合わなかったのだろうということでした。上海辺りだと割と衛生的な油を使っているところが多いが、南部はそうでもなかったり調理法も火をよく通さなかったりする料理も多いからというお話でした。

屋台の料理は危険度高め

よく言われるのが、屋台危険問題ですが、本当に危険だと思います。なめてはいけません。

お腹壊したくない人は絶対に食べないことを強くおすすめします。

私は上海留学時代に屋台の食べ物を1度食べたことがありお腹を壊しました。それからは中国で屋台のものは食べないようにしています。

上海では夜になると串焼きなどの屋台がたくさん出てきます。観光地では昼間から屋台が出ているところもあります。お肉の焼けるジュウジュウという音やスパイシーな香りが食欲をかきたてるんですね。しかも安い!!でもその安さの理由が本物の肉でないからという噂もあります(脅しかもしれませんが、学校内で食堂を営むおばちゃんがああいうのはネコやネズミの肉だと言っていました、うげげ…)。友人の上海っ子も衛生的ではないから屋台では絶対食べないと言っていました。

同じ日本人の留学生の間でも屋台のものを食べた後にお腹を壊した、蕁麻疹がでたという話を何度も聞いてきたので、やはり食べない方がいいと思います。

生の食材 生焼けのもの

中華料理は基本火が通っている料理が多いですが、近年日本食ブームなどもあり生食を扱うお店も増えてきました。ですが、エセ日本料理店もありますし、きちんとしてなさそうなお店やあきらかに不衛生なお店での食事はやめたほうがいいです。日本料理を謳っている店は刺身や生ガキなどを提供していたりしますが、事前に大众点评(日本でいう食べログのようなアプリ)などで点数や口コミを確認したほうがいいです。

あと、生焼けの料理は避けた方がよいです。卵料理の生焼けはとくに危険です。深センに行ったときにその辺の食堂で食べた卵とじ料理が生焼けでちょっとやばいかもなと思っていましたがおいしかったので普通に食べてしまいました。が、案の定数時間後嘔吐と下痢になりました。一緒に食事した日本人も蕁麻疹が出ました。

水道水は飲めない

中国の水道水は飲めるまで浄水されていないので飲めません。中国人は水道水を飲む場合は必ず沸騰させてから飲みますし、沸騰させない場合は水道水ではなく売っている浄水された水やミネラルウォーターを飲んでいます。水道水を直接口にする人は見たことがありません。ありがたいことに日本って水道水が飲めるとても稀な国なんです。

深センにいたときはあまり良い環境に住んでいなかったので、蛇口から出る水が茶色でした。これは水道管が古いせいで鉄か何かの錆が一緒に出ていることによるものです。臭いも鉄臭かったです。あきらかに飲めないのでもちろんミネラルウォーターを買っていました。

おいしいけど頻繁に食べるのはNGかも

麻辣汤(マーラータン)

マーラータン

その名の通り、辛いスープでいろいろな食材を煮込んだ料理です。マーラータンのお店は大きなオープン冷蔵庫が設置されていて、葉物野菜、麺類、肉類、きのこ類など、自分で好きな食材を選んでオリジナルのものを作ることができます。学校の近くにもマーラータンのお店が何件かあったので、上海に来たころは美味しい、美味しいといって頻繁に食べていました。野菜もたくさんとれるし身体に悪いなんてこれっぽちも考えていませんでした。しかし、上海っ子によると、マーラータンは中国で「垃圾食品」いわゆるジャンクフードといわれているそうです。マーラータンを作る鍋は開店から閉店までずっと煮込み続けているので鍋の成分がスープに溶け出してしまうらしく、それが身体に良くないそうです。それ以来、めっきり食べに行くのをやめました。たまに食べるのはいいですが、毎日食べるのは避けたほうがいいですね。

どこで食べればいい?

日本でもそうですが、一番良いのは自炊ですね。私は留学の後半はほとんど自炊をしていました。学生の方は学校内の食堂、それ以外だと清潔感のあるお店で食べるほかないと思います。色々と気をつけるべきことは書きましたが、もちろん衛生的でおいしい料理を提供しているお店の方が多いと思います。自分の身は自分で守りましょう。

自炊でも気をつけたい方は

私は日本でも農薬を気にする方で、中国でも自炊することを考えてその対策のために野菜用の洗剤を持って行きました。特に生で食べる野菜には使っていました。リンゴやイチゴなどの果物にも使えます。

サーフセラ 安心やさい 箱タイプ (1g×25包)

洗剤ですが、貝殻で出来ているので口に入れても問題ありません。この粉を水に溶かして野菜を漬けておくと、白菜などからは変な油のようなものが浮いてきます。気になる方はぜひ持参してくださいね。

 

 

 

まとめ

  • 明らかに不衛生な感じの店を避ける
  • 生焼けは食べない
  • 水道水を直に飲まない
  • ジャンクフードを毎日食べない
  • できれば自炊で

 

-中国情報, 中国旅行, 中国留学

Copyright© あららぎ亭 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.